皆様こんにちはATAATA HOUSEオーナーの松井です。今日はATAATA HOUSEの理念について少し書きたいと思います。

僕は個人的にすき家さんの大ファンなんですけど(まぜのっけごはんサイコー!)、ネガティブなニュースがホント多くて、それを真に受けた人がブラック企業だのどうのこうのと批判をしますね。あれすごく嫌いなんです。

結果従業員不足になり、時給を上げざるを得ず、商品をいずれは高くせざるを得なくなるような気がします。これって皆さん損だと思いませんか?

100人幸せにしても1人不幸せにしたら意味が無いという完璧主義者な人には伝わらないと思いますが、すき家さんがこの世界に提供した絶大なプラスを全く見ようとしていないんです。

表題のとおり、「安さとは幸福」です。ほとんどの経営者は自社の利益のためにどうやって売値を上げようかと考えるものです。これは否定されるものではなく、普通のことなのですが、社会全体の利益を優先する経営者はどうやったら安く提供できるかを考えています。

産業革命以後、人々は圧倒的に豊かになりました。それはお金をたくさん持ったからという考えもありますが、お金をたくさん持つということは相対的にモノが安くなるということです。

我々は様々なモノが安くなることで、豊かさ、幸福を手に入れてきたのです。

売値を高くし、利益を上げて従業員にたくさんの給料を払いたいと考える優しき経営者さんは多いです。でもこれはマクロ的な視点で見ると違っていて、多くの会社が売値を高くしたら、結局給料を上げても意味がなく豊かにはならないのです。自分だけ良ければ的な人はそれでいいのですが。

いろんな視点や方向性で考え方は変わりますが、基本的には「売値を安くして売上を上げる」が世界を豊かにし、人々を幸福にしていくのです。

私はそう考えATAATA HOUSE事業を始めました。もうコストで苦しむビジネスはやめて、コストレスビジネスで人生を豊かにしてもらいたいのです。

あ、ちなみにすき家さんは100人どころじゃないのですよ。桁違い…